SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

全曲レビュー!キックザカンクルー新作アルバム『KICK!』。涙がとまりません。

calendar

reload

全曲レビュー!キックザカンクルー新作アルバム『KICK!』。涙がとまりません。

本当に待ってました。何度聴いても飽きません。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

ついに発売されましたよ、、、、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の新作です!もう何回も聴いてます。

スポンサーリンク

KICK!

このアルバムを制作することになったきっかけは過去にキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)名義でロックインジャパンに参加したときのことでした。

ライヴ時のファンの反応から確かな自信を感じることできたため、2017年の結成20周年を機にリリースすることの構想が始まったとのこと。

制作は基本的に3人のみで行われて、ゲストはなし。トラック制作はKREVA。いつものスタイルが聴ける中で確かな彼らのレベルアップが感じられる名盤の予感。

リードトラックの「千%」ではサンプリングを解禁したり、ドラムの「キック」が使用されていない中でラップをしたり、聴きごたえは十分。

本記事では魁で今回の復活アルバムのレビューをしたいと思います!

全曲レビュー!

聴きごたえのあるアルバムで昔からのファンも絶対に満足の一枚だと思います。早速全曲レビューしたいと思います!

1.全員集合

全員集合
KICK THE CAN CREW

復活のアルバムに相応しい爽快感溢れるトラックでこのアルバムのワクワク感を一層盛り上げる曲です。リリックの中に「キックザカンクルー」という言葉が随所に散りばめられていて、ファンサービスがしっかりしています。

2.千%

千%
KICK THE CAN CREW

本アルバムの先行配信曲。おそらくKREVAとしては『心臓』以来封印していたサンプリングを行ったトラックを披露。アルバムパッケージ内でも元ネタの表記はありませんでした。

最初に聴いたときは涙が止まりませんでした。。。。

3.今もsing-along

今もSing-along
KICK THE CAN CREW

これもサンプリングしてるのか!?曲の出だしでサンプリングを感じることができます!ギターのフレーズが印象的な曲。KREVAのボーカルがやっぱり上手くなっている。KREVAソロを聴いてからだと違和感がありませんがキック文脈でここまで綺麗に歌っていることがないのでキックを久しぶりに聴く人はちょっとびっくりするかもです。

4.summer spot

SummerSpot
KICK THE CAN CREW

イツナロウバよりも夏らしい!期間限定(1日)で先行配信されていました。トラックが軽く作られており、ドラムのキック(バスドラ)なしで3人のラップが続きます。フックでやっとキック(バスドラ)が入ってくる軽さ!笑

以前の3人の曲だとこういう曲はあまり聴くことができなかったなぁ。

5.なんでもないDays

なんでもないDays
KICK THE CAN CREW

短い小節でマイクパスがされる軽快な印象をもった曲です。パッと聴いたところ前半が8・4・4で後半が8・4・8といったところでしょうか。何回も聴いてるとかっこよさが際立ってくる曲です。

6.完全チェンジTHEワールド

完全チェンジTHEワールド
KICK THE CAN CREW

これはLIVEでも盛り上がることが予想される曲!フックでのコール&レスポンスもちゃんと準備がされています。フックの回数も5回!これは完全にLIVEでの盛り上がり意識していますね。

アンコール前のラストチューンで披露されるとかっこいいかも。

7.また戻っておいで

また戻っておいで
KICK THE CAN CREW

KREVAのボーカルが印象的。この雰囲気は以前のキックではなかった雰囲気です。KREVAのボーカルがやたら大人な感じで最初は違和感がありますが、MCUとLITTLEのラップがキレキレで結構ハマる!

8.また波を見てる

また波を見てる
KICK THE CAN CREW

「また」続きの曲名でこちらもメロウな感じなトラックです。それぞれのバースも長くリリックもちゃんと聴けるゆったりとした曲です。大人になったなぁ。

9.I HOPE You Miss Me a Little

I Hope You Miss Me a Little
KICK THE CAN CREW

この曲は本アルバムでも人気の曲なはず!どことなくメロウな雰囲気にフックがわかりやすく一緒に歌える曲です。キック時代だと「HANDS」のような雰囲気をもった曲です。

甲高い声が入ってくるのですが、サンプリングとは思えないのでおそらくKREVAあたりの声を加工してるのかなぁ・・・

10.タコアゲ

タコアゲ
KICK THE CAN CREW

題名からしてこのアルバムの注目曲です!過去子供の遊び系のタイトルはキックの中では名曲になることがほとんど!シンプルなトラックにシンプルなフック。この曲がLIVEなどでアンセム的な立ち位置になることはイメージしずらいのですが、ゆったりと聴けるいい曲です。LITTLEのリリックで「カンカラ蹴り飽きて〜」というのが、ニヤッとするところです。

Y’S REVIEW

やっぱり期待は裏切りません。それぞれのソロの時期をちゃんと活かしレベルアップして再結成してくれたのが本当に感じられます。それは機材の発達や3人のソロ活動によるものも大きいと思いますが、このタイミングで再結成したからにはファンを裏切られないというメンバーの気持ちが強いのだと思います。

これからLIVEやメディア出演が積極的に行われていくので、彼らを最大限応援したいと思います!

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。