SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

ZEEBRAが発案したネットラジオ『WREP』がイケてない3つのポイント。応援してるからこそツッコミたい。

calendar

コンセプトは好きなんだけど、イマイチなところがあるんだよなぁ。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

今回の記事では2017年4月1日から開局したZEEBRA発案のネットラジオ曲『WREP』について書きたいと思います。

かなり辛い気持ちではありますが、応援しているからこそあえてイケてない3つのポイントをあげたいと思います。確かに今の日本のラジオはアメリカほど影響力もないし、むしろ世の中に対して何か影響を与えようともしていないので、ZEEBRAの気持ちもわからなくないですが、もっと!もっとできるはずだ!『WREP』をもっとよくできるはずです!

複雑な気持ちですが、早速『WREP』をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

①アプリがダサい

いきなりコレか!というくらい根本的な話ですが、アプリがものすごくダサいです。灰色のバックに特にデザインもされていないインターフェース。。10年以上前のWebサイトを見ているかのようです。

最近流行っているアプリは本当に使い心地やデザインが洗練されています。もちろん『WREP』はラジオなので極論、音が流れる仕様になっていればよいので、再生ボタンさえあればいいのでしょうが、それもすぐ気づかない位置にあったりします。

もう少し使っていてカッコいいと思われるようなアプリの作りだと嬉しいです。

②番組がほとんどない

これもまぁしょうがないと言ってしまえばそうなんですが、もう少し魅力的なコンテンツとしてしっかりとした番組があってもよいと思います。

あとアプリについているタイムテーブルもよく見方がわかりません。番組開始の時間はわかりますが、終わりのタイミングがわかりません。番組が少ないのをごまかしているようにしか見えません。

毎日でなくても、毎週聴きたくなるキラーコンテンツがあるとリスナーがもっと定着すると思います。

③POWER PUSHが中途半端

5月4日現在、KEN THE 390の「五月雨の君に」がPOWER PUSHされているのですが、放送時間が長い割にはあまりプレイしません。

またアプリ上に「BUY NOW」のボタンがあるのですが、そこを押しても現在購入できない楽曲のため無駄リンクが生まれてしまっています。他のアプリだったら事故です。もう少しユーザーの利便性や期待を裏切ることがないようにして欲しいです。

まとめ

日本初のHIPHOP専門チャンネルラジオである『WREP』個人的にはとても応援しているので、もっとユーザーに受け入れられるものを作って長くたくさんの人にこのサービスが愛されて欲しいと思っています。

ZEEBRA頑張れ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。