SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

Apple MusicとSpotifyを3ヶ月間併用してみての感想。3つのポイントで比較してみた。

calendar

reload

Apple MusicとSpotifyを3ヶ月間併用してみての感想。3つのポイントで比較してみた。

最近CDを買ってもほとんどストリーミングで聴いているなぁ。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

このブログでCDをレビューすることが多いのは、もちろん私自身CDを買うことが多いからなんですが、今まで買ったCDはiTunesに取り込んでしまったら、ほとんどそのケースをあけることがなく、 PC上やスマホで取り込んだ音源を聞くことが日常でした。

しかし最近は買ったCDはその封をあけることなく、そのままになってしまうことも増えてきてしまっているくらい、ストリーミングサービスで音楽を聞く機会が増えています。完全に「音楽を聴く」というライフスタイルが変わりましたね。

私はApple MusicSpotifyを併用しているのですが、どちらか一方に絞ることはせずに、併用しています。

両サービスの有料ユーザーになって3ヶ月以上経過したので、実際に利用してみての感想とサービスの比較をしてみたいと思います。

①値段で比較

②曲数と音質で比較

③使いやすさで比較

おそらく上記の3つでどちらにするか決まるかと思いますが、あくまで管理人個人の感想なんで、参考程度に読んでいってください!

スポンサーリンク

①値段で比較

一旦は定量的なもので比較。


※2017年5月4日時点

これはかなり甲乙つけがたい状況になっていますね。

学生ならAppleMusicで社会人ならSpptify・・・って感じだったのですが、遅れをとって最近Spotifyも学生プランを開始しました。ある程度の不便さがあっていいのであればSpotifyの無料プランは心強いのかも。

Spotifyの無料プランは広告があるのと、基本シャッフル再生ベースでの利用になってしまうところを耐えられるかどうかですね。

②曲数で比較

これもなんともいえないですね。ここまで曲数が多いと正直好きなジャンルによって差が生まれたりとか有名アーティストや曲での差はほぼないと思います。

※2017年5月4日時点

これに加えて「洋楽と邦楽どっちに強いのか」とかかなり個人的な主観に頼る評価が存在していると思いますが、もしその指標をいれるのであれば AppleMusicの方が邦楽についてはやや優勢でしょうね。

ただSpotifyにしか曲を提供していないアーティスト(レコード会社)も結構あったりするので、こちらもなんとも言えない評価ではあります。

音質については、拡張子が違えどSpotifyが優勢。これも聴く環境によって違っていたりしますがやはりSpotifyの有料プランが一番音が良いと思います。ただこれもよく聴いてやっとわかるレベル(音量によってはむしろわからない可能性が高い)

このカテゴリでも甲乙つけがたいですね。。。

 ③使いやすさで比較

ここからはかなり個人的な感想になってくるのですが、いくつかのポイントで差があったので比較してみたいと思います。

操作性比較

これは一番個人差がでてくると思いますが、アプリを触った感じだとSpotifyが使いやすい印象があります。AppleMusicの場合、これまでのiTunesとしての機能もあったりして、やや使いにく印象があります。

デバイス連携比較

これもあまり連携させない人からすると、なんともないんでしょうが、私のように色々なデバイスで音楽を聴く人からすると割と大事なことだったりします。

私がSpotifyを利用しているデバイスはスマホ、PC、TV(Amzon Fire TV Stick)でよく利用しています。

これをAppleMusicでやろうとすると、Apple TVを導入しているか、AirPlay対応デバイスである必要があります。

Spotifyはどのデバイスでも楽しめることをモットー(戦略)にしているので、ChromecastだったりAmzon Fire TV Stick,AppleTV,PlayStation4などたくさんのデバイスと接続することができます。またBeats関連のフォンデバイスでも音量、再生などのコントロールすることが可能です。

Appleのデバイスは基本自分の身の回りのデバイスがAppleデバイスであれば使いやすい環境になるのですが、そうでなかったときの互換性に難があるときが多々あります。

そのような不便さをあまり感じることがなくどこでも使える(=接続できる)印象をもっているSpotifyが優勢だと思います。

レコメンド機能比較

※白・・・AppleMusic 黒・・・Spotify

こればっかりは利用者数が多いSpotifyが完全に有利だと思います。レコメンドの機能は会員数が多く、回数としてもたくさんの音楽が聞かれているSpotifyが精度が高いはずです。

私も個人的に新しい音楽に出会えることが多いのはSpotifyが多いです。作られるプレイリストも最新のHITチャートを中心に各種のテーマにそったものが作られています。

AppleMusicで作られるプレイリストは「プロデューサー縛り」だったり「サンプリングネタ縛り」だったりかなりオタク的要素なものが多かったりするので、個人的には好きなんですが、ライトリスナーはSptifyがいいと思います。手軽に最近の流行を発見することができます。

最近アメリカではラジオ局でのパワープッシュもレコード会社の推薦ではなくAppleMusicやSpotifyでの再生回数で決まることもあるそうです。確かにこれらのサービスがでてからアルバム内の良曲を探しやすくなりました。笑

今後はAIスピーカーとの連携も気になるところです!早速ですが記事を書いてみました。

Google HomeでSpotify(プレミアム)を使ってみての感想。3つのポイントをまとめてみました。

おまけ:ブログでの埋め込み

これはブログを運営している人ではないとあまり興味がないかもしれませんが、Apple MusicとSpotify両方とも音楽を紹介するブログのために埋め込み用のコードを展開しています。

■Apple Music

■Spotify

個人的にはApple Musicの方がシンプルで好きですね。 Spotifyの方はデフォルトの埋め込みサイズが大きくて少し邪魔な感じがします。またAppleMusicは埋め込みのプレーヤーをクリックすることで、アフィリエイトの成果にも繋げることができます。

 

まとめ

なんとも甲乙つけがたい両者ですが、特段お金に困っていなければ両方のサービスに加入することをオススメしています。笑

このサービス類の魅力である非常に大量の曲数を楽しむためには、確かなオススメ機能が必要だと思うのですが、それらが作られるのはそのサービスが保有している曲にも依存してくるので、どちらかには存在するが、どちらかには存在しないといった曲がある以上、どちらにも会員となっておくべきだと思います。

特にこのブログをご覧になっているような音楽好きな方は特に・・・・w

この両方のサービスを使い倒して、自身にとって新しい音楽との出会いを楽しんでください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。