SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

次世代クルー。KANDYTOWNの1stアルバム『KANDYTOWN』をレビュー。次の日本語ラップはここから始まる。

calendar

reload

次世代クルー。KANDYTOWNの1stアルバム『KANDYTOWN』をレビュー。次の日本語ラップはここから始まる。

この世代は熱い。これからが楽しみ。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。 管理人、Y’Sです。

今回の記事では世田谷出身のHIPHOP集団、KANDY TOWNのデビューアルバム、『KANDYTOWN』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

KANDY TOWN

KANDY TOWNは16人のMC,DJ,トラックメーカーからなるHIPHOPクルー。メンバーの多くは世田谷出身で幼馴染というつながり。 メンバー個人での活動も盛んでIOは日本盤「illmatic」と称されたアルバム「Soul Long」を2016 年にリリースし、KIKUMARUはB-BOY -20で優勝、呂布はsuchmoの楽曲に参加や映画に出演するなど、それぞれが個性的な活動を行っています。

また2016年にはReebok Classicとのコラボを行い、アルバムリード曲「GET LIGHT」を書き下ろした。日本のHIPHOPシーンのみならず、ファッション業界にもフレッシュな驚きを与えました。

とにかく「新世代」という雰囲気がとにかくかっこいい。この手のクルーってちょっと前だと適当に不良集団として扱われてしまうことがほとんどでしたが、音楽業界のみならずファッション業界にも参入することで、一気に自分たちを新しい領域に浸透させることを進めていますね。

一世代前だとRIPSLYMEKREVAがお洒落なイメージをadidasとコラボすることで、作っていきましたが、FUNKY GRAMMAR UNIT(RIPSLYMEやRHYMESTERが所属するクルー)としての活動はほとんどありませんでした。

今回のアルバムでは結成以前から交流が深いロック・バンドOKAMOTO’Sのオカモトレイジ、 ジャパニーズ・ヒップホップの数々の名作に携わってきた名エンジニアのillicit Tsuboi、両名を制作スタッフに迎えアルバムを制作。

過去に自主制作でリリースした作品は軒並みソールド・アウトし近年稀に見るプレミア化をしており、今回は待望の全国流通盤となりました。
これからの活躍が期待される彼らの1stアルバムから管理人が気になった3曲を紹介。

管理人が気になった3曲

名曲ぞろいですが、あえてのチョイス!

1.Get Light

このアルバムのリード曲であり,Reebokとのコラボのために書き下ろした楽曲。わかりやすいかっこよさを持ったトラックが特徴。

2.Song in Blue

彼らからはあまり想像ができないメロウな楽曲。途中のフレーズがKREVAの「スタンド・バイ・ミー」にも使われていますね。

3.Scent of a Woman

このトラックもすげーメロウ。元ネタはPatti LaBelle「If Only You Knew」。この曲自体最近SWVがカバーしていたので、そっちからサンプリングしているかも。

Y’S REVIEW

フリースタイルの流行で再度HIPHOPが見直されている今、彼らのような世界観をもったアーティストが活躍してくれることで、日本HIPHOPシーンがさらに盛り上がればと思います。 人数も多いのでソロの活動も楽しみです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。