SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

受賞速報!グラミー賞2017(第59回)受賞したのはあいつだ!!

calendar

やっぱりあいつが受賞したな。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

速報しますよ!受賞が決まったものは太字で記載しています。

スポンサーリンク

59th Annual GRAMMY Awards Winners

まずは主要4部門!!

主要4部門

Record Of The Year年間最優秀レコード賞

Adele – Hello
Beyonce – Formation
Lukas Graham – 7 Years
Rihanna ft Drake – Work
Twenty One Pilots – Stressed Out

Album Of The Year年間最優秀アルバム

Adele – 25
Beyonce – Lemonade
Justin Bieber – Purpose
Drake – Views
Sturgill Simpson – A Sailor’s Guide To Earth

本ブログでジャスティンのアルバムをレビューしてます。

グラミー賞ノミネート!ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の『Purpose』をレビュー。大人な雰囲気。

Song Of The Year年間最優秀楽曲賞

Adele – Hello
Beyonce – Formation
Justin Bieber – Love Yourself
Lukas Graham – 7 Years
Mike Posner – I Took A Pill In Ibiza

やっぱりアデルかぁ!見事な3冠です。予想とは違いましたが、やっぱりなぁという印象です。ジャスティンもビヨンセもよく健闘したと思います。

Best New Artist最優秀新人賞

Kelsea Ballerini
The Chainsmokers
Chance The Rapper
Maren Morris
Anderson .Paak

祝!受賞!チャンス・ザ・ラッパーのアルバムは本ブログでもレビューしています。パッケージでの評価ではなくてストリーミングでの活躍が評価に繋がったのでしょうね。個人的にもすごく嬉しいです。

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の新作アルバム『Coloring Book』をレビュー。

以下、細かい部門の受賞をまとめてみます。

その他の部門

太字のものが受賞者、作品です。

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞

Adele – Hello
Beyoncé – Hold Up
Justin Bieber – Love Yourself
Kelly Clarkson – Piece By Piece (Idol Version)
Ariana Grande – Dangerous Woman

最優秀ポップ・デュオ・グループ・パフォーマンス賞

The Chainsmokers featuring Halsey – Closer
Lukas Graham – 7 Years
Rihanna – Work
Sia featuring Sean Paul – Cheap Thrills
Twenty One Pilots – Stressed Out

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞

Adele – 25
Justin Bieber – Purpose
Ariana Grande – Dangerous Woman
Demi Lovato – Confident
Sia – This Is Acting

最優秀ダンス・レコーディング賞

Bob Moses – Tearing Me Up
The Chainsmokers – Don’t Let Me Down
Flume – Never Be Like You
Riton – Rinse and Repeat
Sofi Tukker – Drinkee

最優秀ダンス・エレクトロニカ・アルバム賞

Flume – Skin
Jean-Michel Jarre – Electronica 1: The Time Machine
Tycho – Epoch
Underworld – Barbara, Barbara, We Face A Shining Future

最優秀ミュージックビデオ賞

Beyonce – Formation
Leon Bridges – River
Coldplay – Up and Up
Jamie xx – Gosh
OK Go – Upside Down and Inside Out

最優秀R&B・パフォーマンス賞

BJ The Chicago Kid – Turnin’ Me Up
Ro James – Permission
Musiq Soulchild – I Do
Rihanna – Needed Me
Solange – Cranes In the Sky

最優秀R&B・アルバム賞

BJ The Chicago Kid – In My Mind
Lalah Hathaway – Lalah Hathaway Live
Terrace Martin – Velvet Portraits
Mint Condition – Healing Season
Mya – Smoove Jones

最優秀ロック・パフォーマンス賞

Alabama Shakes – Joe (Live from Austin City Limits)
Beyoncé featuring Jack White – Don’t Hurt Yourself
David Bowie – Blackstar
Disturbed – The Sound of Silence (Live on Conan)
Twenty One Pilots – Heathens

最優秀ロック・アルバム賞

Blink-182 – California
Cage the Elephant – Tell Me I’m Pretty
Gorjira – Magma
Panic! At the Disco – Death of a Bachelor
Weezer – Weezer

最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞

Bon Iver – 22, A Million
David Bowie – Blackstar
PJ Harvey – The Hope Six Demolition Project
Iggy Pop – Post Pop Depression
Radiohead – A Moon Shaped Pool

最優秀ラップ・ソング賞

Fat Joe & Remy Ma Featuring French Montana & Infared – All The Way Up
Kanye West Featuring Rihanna – Famous
Drake – Hotline Bling
Chance The Rapper featuring Lil Wayne & 2 Chainz – No Problem
Kanye West featuring Chance The Rapper, Kelly Price, Kirk Franklin & The-Dream – Ultralight Beam

最優秀ラップ・パフォーマンス賞

Chance The Rapper Featuring Lil Wayne & 2 Chainz – No Problem
Desiigner – Panda
Drake featuring the Throne – Pop Style
Fat Joe & Remy Ma Featuring French Montana & Infared – All the Way Up
Schoolboy Q Featuring Kanye West – That Part

最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞

Beyoncé Featuring Kendrick Lamar – Freedom
Drake – Hotline Bling
DRAM Featuring Lil Yachty – Broccoli
Kanye West Featuring Chance The Rapper, Kelly Price, Kirk Franklin & The-Dream – Ultralight Beam
Kanye West Featuring Rihanna – Famous

■最優秀カントリー・デュオ/グループパフォーマス賞

Dierks Bentley Featuring Elle King – Different For Girls
Brothers Osborne – 21 Summer
Kenny Chesney and Pink – Setting the World On Fire
Pentatonix Featuring Dolly Parton – Jolene
Chris Young With Cassadee Pope – Think of You

■最優秀カントリー・ソング賞

Keith Urban – Blue Ain’t Your Color
Thomas Rhett – Die A Happy Man
Humble and Kind – Tim McGraw
My Church – Maren Morris
Miranda Lambert – Vice

最優秀カントリー・アルバム賞

Brandy Clark – Big Day in a Small Town
Loretta Lynn – Full Circle
Maren Morris – Hero
Sturgill Simpson – A Sailor’s Guide to Earth
Keith Urban – Ripcord

最優秀R&B・ソング賞

PartyNextDoor Featuring Drake – Come See Me
Bryson Tiller – Exchange
Rihanna – Kiss It Better
Maxwell – Lake By the Ocean
Tory Lanez – Luv

最優秀オペラ・レコーディング賞

Corigliano – The Ghosts Of Versailles
Handel – Giulio Cesare
Higdon – Cold Mountain
Mozart – Le Nozze Di Figaro
Szymanowski – Król Roger

最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞

Schumann & Berg
Shakespeare Songs
Monteverdi
Mozart: The Weber Sisters
Verismo

最優秀プロデューサー

Benny Blanco
Greg Kurstin
Max Martin
Nineteen85
Ricky Reed

Y’S REVIEW

今回のグラミー賞がアデルの一人勝ちで終わってしまいましたが、チャンスザラッパーがストリーミング配信での実績で受賞されたりと今後のグラミー賞の流れに大きな影響を与える結果となったと思います。

時代の流れに合わせて音楽のあり方も変わってきているので、グラミー賞という権威ある賞には今後も音楽が正当に評価される流れをしっかりと作って頂きたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。