SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

衝撃のデビュー作。KREVAの1stアルバム『新人クレバ』をレビュー。今でも新鮮。

calendar

reload

衝撃のデビュー作。KREVAの1stアルバム『新人クレバ』をレビュー。今でも新鮮。

KREVAのスタイルが一番表現された傑作。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

今回はKICK THE CAN CREWが活動休止してから初めてKREVAがリリースしたアルバム『新人クレバ』をレビューしたいと思います。

KREVAの過去の作品の記事はこちら!

全曲試聴可能!KREVAの新作アルバム『嘘と煩悩』最速レビュー!期待を裏切らない名作。 【傑作】KREVA 4thアルバム『心臓』をレビュー。サンプリングスタイルの集大成

スポンサーリンク

新人クレバ

このアルバムは2004年にクレバのソロデビュー作としてリリースがされました。

この当時はMPC4000を中心に制作された曲が多く、爆音で聞いても耳が痛くならない音質で、その音の鳴りは独特なものでした。

収録された曲はインディーズ名義で発売された「希望の炎」シングルで発売がされた代表曲の「音色」自身が発掘してきたSONOMIが参加している「ひとりじゃないのよ」などが収録されています。

過去、BY PHAR THE DOPESTとして活動していた頃の盟友”CUE ZERO”もゲストとして参加。他にも当時KREVAと同じレコード会社だった”BONNIE PINK”、THC!!の”KANA”,Rhymsterの”Mummy-D”,レゲエアーティストの”NG HEAD”も参加。豪華な顔ぶれで制作されたファーストアルバムとなりました。

そんな伝説的なアルバムの中で管理人が気になる曲を3曲紹介。

管理人が気になる3曲

「新人クレバ」はKREVAのファーストアルバムということもあり、明らかに売れることを意識した曲が多いのですが、その中でもハードコアな連中にも受け入れられている曲を紹介します。

音色

この曲はKREVAの代表曲。サンプリングの元ネタはBobby Glenの「Sounds like love song」です。彼のサンプリングによって制作された曲の中でも特に有名な曲。この元ネタを使用した楽曲は特に多く、Jay-Zの「Song Cry」などが有名です。

ファンキーグラマラス

ゲストでRhymsterのMummy-Dが参加。この二人はお互いトラックメーカー兼ラッパーということもあり仲が良いようです。さすがの技術でLIVEではすごく盛り上がります。

希望の炎

KREVAがインディーズ名義で発売した3分を切る短い曲。音数が少なくシンプルな曲ですが、KREVAの声にオートチューンを利用したり当時はとても新鮮に聞こえた曲です。

Y’S REVIEW

全体を通してとても高い完成度を誇った作品です。彼がKTCK時代に培ってきた制作、ラップスキルが活きています。

2004年の作品ですが、今でも新鮮に聞くことができるのは彼の才能の表れでないでしょうか。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。