SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

全曲試聴可能&レビュー!Suchmosの新作アルバム『THE KIDS』今年の話題はこのアルバムで決定。

calendar

reload

全曲試聴可能&レビュー!Suchmosの新作アルバム『THE KIDS』今年の話題はこのアルバムで決定。

待ちに待ちました。そして聴き溺れました。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

ついに発売がされました!Suchmos(サチモス)のセカンドフルアルバム『THE KIDS』。

ファーストアルバムでもかなり話題になりましたが、今回はさらにやばい。

圧倒的センス。Suchmos(サチモス)アルバム『THE BAY』をレビュー。

早速このセカンドアルバム『THE KIDS』のレビューをしたいと思います。これは買わないとやばい。

スポンサーリンク

THE KIDS

Suchmos期待のセカンドアルバムは全11曲。リード曲としてはアルバム冒頭の『A.G.I.T』とシングルとしても発売された『STAY TUNE』『BODY』『MINT』『DUMBO』が収録されています。

このアルバムで初パッケージ化となるのは6曲となります。意外と少ないですね。

『THE KIDS』全曲レビュー

早速、レビューさせていただきます!

1. A.G.I.T.

アルバムから先行配信された曲。イントロは強めのギターリフからボーカルYONCEのコーラスで始まるオープニングにふさわしい曲。

この曲から始まる流れは聴くのをやめられない雰囲気を生んでいます。

2. STAY TUNE

CMでも使用されているこのアルバムの代表曲であり、彼らの出世曲にもなりうる曲です。爽快感溢れる流れがある一方、子供っぽさがないオシャレな雰囲気をもった曲です。さすが。

3. PINKVIBES

Jazzyな雰囲気に電子ピアノが綺麗に乗っているトラック。AcidJazzが好きな人であれば絶対に嫌いにならない曲です。「Jamiroquaiに似ている!」という言葉では片付けられないほどに彼らに昇華された曲になっています。このアルバムの人気曲になるんじゃないかなぁ。

4. TOBACCO

シンセサイザーの音と軽いノリのギターのリフが印象的なディスコ調の曲。その間にKCEEにるスクラッチが入ったり、緩やかに踊れる曲です。

スクラッチのネタになっている女性のコーラスもまた心地いい。

5. SNOOZE

力強いエレキギターのイントロが印象的な曲。最初の展開からは想像ができないサビの盛り上がりが聴いてる人を曲の世界観に引き込んでいきます。

6. DUMBO

この曲はシングルカットされた『MINT』EPに収録。歌詞も複雑でなぜDUMBOというのか自分には理解ができませんでした。笑 彼らにしてはROCKの要素が強いドラムとベースとギターが中心のシンプルな曲です。

7. INTERLUDE S.G.S.4

このアルバムでは唯一のインストの曲。ギターの響きで大人しく終わると思いきや、曲の後半からタムの音が鳴り響き、そこにメロウな電子ピアノの音が乗ってきます。さらにその上にその雰囲気を壊さない形でドラムシンバルの音がこの曲のスケールを大きくしていきます。

管理人個人としては一番好きかもしれない曲です。

8. MINT

シングルカット曲。作詞にDJ KCEEが参加。サビはわかりやすく歌いたくなる曲です。音も少なくYONCEの声が際立つメロウな曲。夜にぴったり。

9. SEAWEED

作詞はベースのHSU。サビの展開がすごくかっこいい曲。途中のブレイクもギターソロが目立ち、スクラッチも重なり電子ピアノもTAIHEIのセンスが光っています。

10. ARE WE ALONE

イントロでまずやられます。これもキーボードのTAIHEIの技。作詞はドラムのOK。聞き出しの時点でいい曲だなと思える展開を見せます。キーボードの雰囲気が本当にいい。

11. BODY

シングル『LOVE & VICE』に収録。ソウルな雰囲気で展開する大人な曲。

アルバム全体でも少し違った落ち着きをもっているのが特徴です。こういう雰囲気の曲を20代のメンバーが作れるのはどんな曲を聴いたらそうなるのかとても興味深いです。

Y’S REVIEW

今作はシングルで発売された曲がアルバムの半分以上を占めており、新しく耳にする曲が少なく最初は期待が薄まっていたのですが、全体を通して聴いてみて改めて彼らの作る音楽に深く魅了されました。

すでに発表された曲も、今作で初収録された曲も一貫して彼らの「色」をもっており、売れ出したバンドがやりがちな路線にいくこともなく非常にハイセンスが作品となっています。

おそらくこのアルバムは1月発売ではありますが、2017年を象徴する作品となり日本の音楽業界に大きな影響を与えることになると思います。

そろそろアイドル系はもういいので、彼らのような実力をもった音楽が広まることを切に願っています。

圧倒的センス。Suchmos(サチモス)アルバム『THE BAY』をレビュー。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。