SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

衝撃。日本語ラップオタクの私が初めてアイドルラップを聴いてみた。リリスク・ライムベリー・HTGをレビュー。

calendar

reload

衝撃。日本語ラップオタクの私が初めてアイドルラップを聴いてみた。リリスク・ライムベリー・HTGをレビュー。

ものは試し。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

私、小学生から日本語ラップを聴いておりまして、そこからHIPHOPの文化に触れ、サンプリングを知ることになり色んなジャンルの音楽を聴いておりますが、唯一触れていないジャンルが、

日本のアイドル

です。聴いていてもそうでなくても損をしていないと思っていましたが、このタイミング(アイドル最隆盛時代)にあえてアイドルの歌を聴いてみようと思いました。

ただ普通に聴いてもつまらないのであえて自分が好きな「ラップ」をしているアイドルを聴いてみようと思います。

私、本当に日本語ラップが好きなので「アイドルがラップ?あぁん??」とか言ってしまうかもしれないテンションですが、そこは我慢。大人の余裕でアイドルのラップを聴いてみたいと思います。

そんなこんなで色々調べた結果(ネイバーまとめだけですが)、いつくつか代表的なラップアイドルユニットがいることがわかりました。

スポンサーリンク

アイドルラップ代表

①lyrical school

し、、、知らない。名前がすでにHIPHOPっぽいですが、「school」がなんかちょっとアイドルっぽさとHIPHOPさを表現している気がしました。

②ライムベリー

聴いたことがある!そういえばDJ Deckstreamのアルバムに参加していたような。。。

③ハイタッチガールズ

全くしらん。名前からしてアイドルさが満載です。普通のラップ好きだったら、おそらく一生出会うことのない名前だと思います。ハイタッチって。。。。

代表曲を調査

各ラップアイドルユニットの代表曲を聞き、その感想を書いてみたいと思います。ファンの方々は「HIPHOP好きな人がこのユニットの曲を聴くとこう感じるんだぁ。」的な発見になると思います。HIPHOPが好きな人は単にイラつく感想になると思います。

それでは期待0ベースでスタート!まずは一曲目。

①lyrical school『FRESH!!!』

聞きました。通称リリスクだそうですね。

 

 

 

 

(?_?)

 

 

 

 

 

 

ラップをするのは楽しいです〜?????

はぁぁぁぁーーーーーー????????

でもトラックは割と好き。。。。。。。。。

あれ?『作詞・曲/編曲 tofubeats』・・・・

なんとtofubeatsがプロデュースしている曲でした!!!リミックスにはokadadaやロマンクルーのALI-KICKが参加していたり。結構日本語RAPが好きな人が割と聴くことができるアーティストが関わっていますね。メジャーファーストアルバムを少し覗いてみます。

メジャー1stアルバム「guidebook」

1.-old-(skit)
2.GOLDEN
作詞・作編曲/泉水マサチェリー(WEEKEND)
3.プレイルーム
作詞/ サイプレス上野 作編曲/ ALI-KICK
4. おしえて
作詞/ 呂布 作編曲/ 韻シスト
5. DO IT NOW!(HEY!HEY!HEY!)
作詞/ 大久保潤也(アナ)&泉水マサチェリー(WEEKEND) 作編曲/泉水マサチェリー(WEEKEND)
6.サマーファンデーション
作詞/ LITTLE 作編曲/ AxSxE
7.-☆☆☆-(skit)
8.リリシスト
作詞/ GAKU-MC 大江千里 作曲/ 大江千里 編曲/Kenichiro Nishihara
9.マジックアワー
作詞/ SUEKKO LIONS© 作編曲/ 坪光成樹 高橋コースケ
10.恋わずわず
作詞/ かせきさいだぁ 作編曲/ connie
11.-too old-(skit)
12.ラストソング
作詞・作編曲/ ALI-KICK
13.RUN and RUN
作詞/ 岩渕竜也 作編曲/ SUI

ちょっと。。。。結構メジャーHIPHOPアーティストが参加しているじゃないですか!!!!一番HIPHOPなのは「大江千里」。これはやばい。

かせきさいだぁも参加してる。サイプレス上野とか韻シストはまだ理解できますが、かせきさいだぁ??

最近KANDY TOWNでも活躍している呂布もいますね。キックのLITTLEも。普通に豪華。このメンツだったら日本語ラップが好きな人も一度は聴いてみてもいいかもですね。

おそるべし。リリスク。続いてはこちら。

②ライムベリー『SUPER MCZ TOKYO』

聞きました。

ちょ、、、ちょっとこれは疲れる。なんだろうな。トラックはファンクな感じがしていいんだけど、、、、、、、あ、わかった!

 

声だ!声が高い!それがずっと続くのが辛いんだ!

 

このトラックとか韻シストとかがラップしそうだもん。なんならRIPSLYMEも曲にしてそう。なにが辛いのって言ったらこの高い声が原因だ。それしかない。

3分間が限界でした。それ以上聴くことができません。一生懸命活動していることろ、申し訳ないが、、、、、ちょっと好きになれませんでした。

③ハイタッチガールズ『SAIKOU NO NATSU』

聞きました。うーん、なんだろうな、、、、トラックはかっこいいと思う。誰かに似てる。

 

スチャダラパーだ!!!!!っていうかサマージャムのリリックも引用してる!

 

そういうところ。サンプリング的なところ。サンプリングはラップ好きなおじさんの大好物だから

ラップはさっきのライムベリーよりも全然聴きやすいなんでだろう。。。。。。。

 

あ、気だるい感じだ。スチャダラ的な感じだ。

 

声はライムベリーと同様、高いけど聴いていて辛いことはないなぁ。ゆるくラップすることで声が高くても聴きやすくなるのか。この感じだったらいけるなぁ。

Y’S REVIEW

はい。正直途中で雑になってきましたが一応聴いてみました、アイドルの曲。

3組のアーティストを聴いてみて一番びっくりしたのが、3組ともユニットが解散しているか、ほぼ解散しかかっているという事実!これはあえてこの3組を選んだのではなく、たまたまそういう状況でした。

なんかアイドル最隆盛の時代も少し変わってきたのかなぁ。

もう一点、曲やそれを制作しているアーティストは日本語ラップが好きな人間でも興味がでるものであったことも驚いた点でした。少し悲しいけど・・・・・。

結論、アイドルラップは日本語ラップが好きな人でも一度は聴いてみる価値のあるものだと思いました。(声の高さを不快に感じても)ただ個人的にはもう聴くことはないと思います。笑

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。