SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

圧倒的センス。Suchmos(サチモス)アルバム『THE BAY』をレビュー。

calendar

reload

圧倒的センス。Suchmos(サチモス)アルバム『THE BAY』をレビュー。

2010年代のバンドの中で圧倒的なセンスをもっていることは間違いない。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

このブログでも紹介させて頂いているSuchmos。改めて彼らのファーストアルバム「THE BAY」を紹介したいと思います。

・Suchmosの衝撃。絶対に聴くべき曲とアルバムを紹介

・マストバイ!Suchmos 新アルバム「THE KIDS」全11曲を収録。

スポンサーリンク

「THE BAY」

とにかくこのアルバムはオシャレ。本当にオシャレ。

「THE BAY」を聴き終わったタイミングで一番最初に感じたのは、洗練されたUKロックを聴いたときのあの清々しい感じ。

これは明らかにいい音楽だと確信がもてる感覚。

その感覚を感じることは最近の日本の音楽に対して滅多にありません。

ロック、R&B、HIPHOP、JAZZ、Funkを明らかに意識した曲が多く、各ジャンルのいいところを抜き出し、綺麗に並べたような曲が一枚のアルバムに凝縮されています。

このアルバム以降の曲でも言えることなのですが、様々なジャンルを取り入れているにも関わらず、彼らの軸がぶれていない。そんなことをわかりやすく感じることができる一枚です。

おそらくこの後の日本の音楽シーンに大きな影響を与えるであろう一枚。その中から管理人が気になった三曲を紹介できればと思います。

管理人の気になる3曲

どれもかっこよくてずっと聴いてられますね。

YMM

この曲名の意味は「ヨコハマ ミナト ミライ」の頭文字をとっています。彼らの出身が神奈川といううことでその土地のことを歌った曲になっています。

70年代のディスコ調を意識した雰囲気に仕上がっており、最近の作品ですとDaftPunkの「RANDOM ACCESS MEMORIES」のアルバムの雰囲気に似ています。ギターのリフがお洒落で夜にゆっくり聴きたい曲です。

Miree

爽快なギターの音で始まるこのアルバムの象徴的な曲。本作にはこのアルバムVer.も収録されていますが、それもまたオシャレ。

どうやったらこんなオシャレな曲が作れるんだろうか。ラスト1分の展開がこの曲を更に深みのあるものにしています。

Girl feat.呂布

彼らのファーストアルバム「THE BAY」より。この曲は夏の海辺で聴いてて心地のよい曲でシンプルなギターサウンドを中心に、途中DJによるスクラッチが入り、夏の雰囲気によくあった曲に仕上がっています。

またゲスト参加の「呂布」は現在注目の世田谷出身のHIPHOPクルー「KANDY TOWN」をメンバーで、聴き易いラップとノリのよいリリックが更にこの曲の高揚感を増しています。

まとめ

圧倒的なセンスをもった音楽集団Suchmos。これからが彼らの実力が世に広まるタイミングだと思います。彼らが納得する音楽をどんどん作って頂き、日本の音楽シーンを再度健全なものになっていくことを願っています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。