SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

宇多田ヒカル 新アルバム「Fantome」と参加アーティスト”KOHH”について

calendar

reload

宇多田ヒカル 新アルバム「Fantome」と参加アーティスト”KOHH”について

宇多田ヒカルが8年ぶりに新アルバムを発表。。。参加アーティストも話題に。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

宇多田ヒカルの新アルバムが9月28日に発売されます。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル / FANTOME


20160809-utadahikaru
今回のアルバムは宇多田ヒカルの過去のアルバムとは少し毛色の違うアルバムとなっています。
豪華なゲストアーティスト、参加が発表されたのは、“二時間だけのバカンス”にフィーチャーされている椎名林檎、“忘却”に参加しているKOHH、“ともだち”に参加している小袋成彬(ex.N.O.R.K.)。
今まであまり、ゲストアーティストを積極的の招いてのアルバム制作はなかったので、宇多田ヒカルの今までと違う気持ちが伝わってきます。

宇多田ヒカルのコメント

“二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎”について
林檎ちゃんとはかれこれ長い付き合いになります!ずっと何か一緒にやろうと言いつつ、私が人とコラボするっていう体勢じゃなかったんですね、きっと。でも今回は、「あ、素敵かも」と思って正式にオファーしてもらいました。
この曲では日常と非日常の危うい関係を表現したかったんです。母であり妻でもある二人なら説得力増すし面白いかなと思って。
子供ができるまで「日常」というものがなかったので、日常を手に入れた分、非日常的なスリルを求める気持ちもわかるようになったんだと思います。

Gyaoでの視聴はこちら

“忘却 featuring KOHH”について
KOHHについては、少し前に友達から教えてもらっていて、ファンになってました。で、この曲は当初インストのつもりだったのが、ラップを入れるなんてどうだろうという提案が出た時にディレクターさんに「KOHHって人がいるんだよね」って言ったら「おおそれ素敵!」と盛り上がって、打診してみたら、実はお互いファンだったってことが分かって、「じゃ」と彼の参加が決まりました。
まず私のパートを作り、彼に私の「忘却」と「記憶」に関する考えを伝えながら、何日かかけて彼が自身の言葉で応えてくれました。
他の人の言葉が混ざることが初めてだったから、どういうふうになっちゃうんだろう?って思ったけど、自然と、真ん中で落ち合えました。
私が長いラップパートが好きで、彼に頭からいきなり1分まるごと任せました。迷った時はあたしが「こっちかな」と言うと「だよね」という感じで確かめ合いながら。
最後のオルガンは彼の提案で、私の中で天に召されるイメージになったので、レクイエムという感じかな?
生き方を考える時、それは死に方を考えることと同義で、これまでの人生を振り返りながらこれから向かうところに思いを馳せました。「いつか死ぬ時 手ぶらがbest」という最後の一行に全てが凝縮されてます。

“ともだち with 小袋成彬”について
『ともだち』はサビの歌詞が出始めた段階で、「あたし一人でひっぱるのつらい」とディレクターさんに相談したら、彼が以前から注目していた小袋成彬さんのことを教えてくれて。「なにこの人!すごーく良い!」と返し、すぐコンタクトしてもらいました。
母親以外の歌手に歌入れを始めから終わりまでじっくり見られることが初めてで少し緊張しました(笑)

本人のコメントでもありましたが、今まではコラボする雰囲気でなかった状況から一転、すごくしっくりくるコラボをしています。その中でも珍しいコラボ、ラッパー”KOHH”をピックアップしてみようと思います。

KOHH


kohhbig-300x300
KOHH,1990年生まれ。独特なフローとリリックで、処女作 「YELLOW T△PE(イエローテープ)」を リリース。収録曲「JUNJI TAKADA」が高田純次氏のラジオ番組「高田純次の毎日がパラダイス」で紹介され一躍話題になりました。

2015年1月に自身2枚目のアルバムとなる 1stアルバム「梔子(くちなし)」をリリース。iTunes総合アルバム・チャート1位、HIP HOP / RAPチャート1位を記録し、収録曲「飛行機」がスマッッシュヒット。KOHHの代表曲となりました。

KOHH / 飛行機

実はKOHHは宇多田ヒカル”SAKURAドロップス”をサンプリングしたトラックで曲を制作しています。
またPVは宇多田ヒカルの”Googbye Happines”をオマージュしています。

見た目とは全く違う実はものすごく礼儀正しいです。

対応がしっかりしていて、上手いラッパー特有の頭の良さが伝わってきます。
がっつりとしたハードな曲も、少しメロウな曲も率直なリリックで綺麗にラップをしています。
今注目のラップアーティストです。是非、この機会にこのアルバムを聴いてみてください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。