SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

DJ PMX 新作アルバム制作を発表。注目すべき3つのポイント。

calendar

reload

DJ PMX 新作アルバム制作を発表。注目すべき3つのポイント。

DJ PMXのプロデュース曲は夏の終わりこそぐっとくる。。。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

DJ PMXが公式サイトで新作アルバムについて言及していましたね。
最近では過去発売したミックスCDをデジタルリリースしました。

DJ PMX / LocoHAMA CRUISING DJ PMX THE GREATEST HITS MIX
LocoHAMA CRUISING DJ PMX THE GREATEST HITS MIX
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

DJ PMX


日本のヒップホップが産声を上げた1980年後半から数多くのアーティストをプロデュース。アメリカ西海岸のヒップホップの影響を受け、今では JAPANESE WEST COAST HIPHOPの基盤をDS455のメンバーとして構築。80年代からシーンの中核にいる日本では数少ないヒップホップ・プロデューサーの一人。
その集大成として初のソロアルバム「THE ORIGINAL」を2008年6月に発売し、AK-69・BIG RON・HI-D・OZROSAURUS・ZANG HAOZIなどの曲やライムスターのリミックスも手掛けるなど、幅広い人脈と確かなプロデュースワークがアーティストからも高い信頼を得、また新人の発掘と制作を請け負う「トータル プロデューサー」としての手腕も高い評価を受け、BIG RON・OZROSAURUS・KOZ、最新ではRamのフル・プロデュースも手掛けた。このような数多くのプロデュースワークをこなしながら毎年邦楽/洋楽の2枚組ミックスCDのLocoHAMA CRUISINGシリーズもリリースする中、2014年には映画『TOKYO TRIBE』の主演に抜擢されたYOUNG DAISとのコラボ・アルバム、Ramのトータル・プロデュースに続き、2012年9月の2枚目のオリジナル・アルバム「THE ORIGINAL Ⅱ」以来となる新作アルバムに期待が寄せられ始めている。 公式サイトより引用

 
この方はかなり長いキャリアを歩んでおり、日本のHIPHOPシーンにアメリカで流行し始めていた”ウェッサイ“を持ち込んだ人なんです。

個人的にはR&Bとの融合や、”トークボックス“を利用したアーティストのフィーチャーなど、積極的に新しいHIPHOPの形を日本で体現していた好きなプロデューサーの一人です。

グループとしては、kayzaburoとの”DS455″というグループを活動しています。PMXのすごいところはグループで活動している時の曲も、それ以外のworksでの曲でも”PMXだ!”とすぐわかるところです。

紹介しているアルバムを聴いていただくとわかりますが、本当に自分のサウンドを崩さずプロデュースをしています。また“サンプリング”もかなり上手に組み込んでおり、大ネタ(有名曲)を上手に使い込んでいたりします。

そんなPMXプロデュースを語るのに必要な要素3つ”ウェッサイ“”トークボックス“”サンプリング”が濃く表現されているPMXの曲を紹介できればと思います。

①”ウェッサイ


ウェッサイを特徴づけているのは、電子音を多用したラグジュアリーなサウンドと、メロディアスなフローを持ったラップ。西海岸の陽気な気候を感じさせる開放的なトラックが、ウェッサイの大きな特徴となっています。この曲もイメージにあるHIPHOPと比べると明るい雰囲気とデジタル感があると思います。高い音のシンセサイザーが更に開放感のある雰囲気を生み出しています。

②特徴的な声の”トークボックス


DJ PMX / My Baby Girl

このトークボックスというのはエフェクターの一種で、仕組みは、まず演奏する楽器の音を専用のスピーカーからホースを通して、1回演奏者の口に送る。そして、口の中でその音を共鳴させた上で、マイクで音を拾って外に出すことによって、楽器の音が喋っているように加工しています。

日本でいうとDS455やPMXの曲以外でフィーチャーされている曲をあまり聴いたことがありません。海外ですとRogerやFINGAZZなどが有名なトークボックスプレイヤーです。この声で歌うことで哀愁が漂い深みのある曲になります。

③HIPHOPの定番”サンプリング”


HIPHOPでは定番となっているサンプリングですが、PMXの曲でも多用されています。その中でも管理人が一番好きな曲を紹介。

この曲はPatti Labelleの「Love,need and Want you」という曲をサンプリングしています。一部のフレーズはNellyの「Dilemma」にも使われています。この曲ではわかりやすくサンプリングしており、青山テルマの声ともとてもマッチしています。

Patti Labelle / Love, need and Want you

まとめ


DJ PMXの曲について紹介させて頂きましたが、長いキャリアということもあり幅広い曲の雰囲気やフィーチャリングアーティストで作られたアルバムはとても濃いものとなっております。HIPHOPは好きだけどJapaneseウェッサイは聴いたことがないという方、DJ PMX,DS455の曲を聴いてみてください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。