SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

serato&ローランド DJ-808を発表 気になる機能は・・・

calendar

reload

serato&ローランド DJ-808を発表 気になる機能は・・・

近未来的な雰囲気をもった機材にワクワクが止まらない・・・

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

seratoとローランド(ROLAND)が共同開発でDJコントローラーを発表しました。
その名も・・・DJ-808!

スポンサーリンク

RolandDJ-808


■DJ-808とは??


DJ-808とはDJソフトウェアで有名なseratoとこれまで音楽制作に関わる機材を作りあげてきたRolandが共同開発したDJコントローラーです。DJ-808は、DJコントローラとドラムシーケンサが一体化したSerato専用のコントローラ。コントローラ部には4チャンネルミキサー、ジョグホイールx2、ボーカルエフェクト、16ステップのシーケンサを搭載。その他、接続端子にはAIRA専用のUSB Linkポートx2、“高品質“マイクインプット等が搭載、“高音質“マイクインプットを通したサウンドはボーカルプロセッサVTにつながり、EQ、ピッチ、リバーブ、フォルマウント、ダッキング、ピッチシフトなどの効果を作ります。

ドラムシーケンサTR-Sにはローランド社のAnalog Circuit Behaviorが搭載され、TR-808、909、707、606のキック、スネア、ハイハット、クラップのサウンド、つまりはAIRA TR-8のベストサウンドが搭載されていることになります。シーケンサは16ステップで、Seratoとのテンポ同期またはスタンドアローンでの使用が可能。

■気になる価格は・・・


日本での発売は2016年9月下旬発売予定、価格は182,520円(税込)。
結構高いですね、、、AKAI のMPCTouchが二台買えてしまう・・・。

■購入時におさえておきたい3つのポイント


購入時におさえておきたいポイントは

①serato DJに対応

今回発表されたDJ−808は先述のとおり、seratoが制作している「serato DJ」に対応しています。
なのでこれまでserato DJを使用してDJをしていた方はスムーズにDJ-808 を使用することができます。これま曲ごとにマークしていったcueポイントやBPMなどの情報がリセットされないのはとても助かりますね。

②DJコントローラーとドラムシーケンサーのコラボ

このコンセプトはあまり聞いたことがありません。serato DJ自体がDJ用のソフトウェアなので、シーケンス機能をもった機材と連携があまりなかったのですが、今回はがっつり連携しています。
連携することにより、serato DJ上の曲とDJ-808上で制作したドラムパターンのテンポの同期がされます。
DJプレイのツナギに使用することは想定ができますが、リアルタイムに作られたドラムパターンをツナギに使用するということが結構ドキドキすることなのでイメージが湧きません。笑

③鉄板のTRサウンド

これは素直に喜べる人が少数派でそれ以外はピンとこないでしょう。かつて「808サウンド」と言われるほど、過去にローランドが生み出してきた機材の音は独特であり、また実際にライブ会場などで聴いてみると実に深みのある音に仕上がっています。この音を実際使うことができ、昔からのファンにとってもたまらない機材になっています。

■まとめ


いかがでしたでしょうか。seratoとローランド社が共同開発したことによって生まれた機材「DJ-808」。今の時代であるからこそ生まれたDJコントローラーと昔から音楽制作を支えてきたシーケンサーが生みだす音楽はまだまだこれからが本番のようです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。