SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の新作アルバム『Coloring Book』をレビュー。

calendar

reload

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の新作アルバム『Coloring Book』をレビュー。

祝!グラミー賞ノミネート!シカゴがまた天才を生みました。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

今回は3年ぶりにアルバムを発売したChance the Rapperの「Coloring Book」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Coloring Book

アルバムを頭から聴き始めて15分は息が出来ないほどの完成度。

まじでしびれます。

残念ながらこのアルバムはApple Musicなどのサブスクリプション型の音楽配信サービスでないと聞くことができない、CDの発売が予定されていない作品なのです。

若干23歳にしてこのクオリティの作品を仕上げてくるところが天才の匂いがしてたまりません。ゲストも超豪華。カニエ・ウェスト、ジャスティン・ビーバー、リル・ウェインなど人気も実力もあるアーティストが参加しています。

シカゴ出身のラッパーで、同郷であるコモン,カニエ・ウェストの影響を色濃く受けていることが感じられます。ソウルフルでドラマティックな楽曲が多いのが特徴ですが、その特徴がアルバムの最初の3曲でお腹いっぱいになりそうなほど、凝縮された状態で表現されています。

他の作品で例えるならカニエ・ウェストのファーストアルバムを聞いた時の衝撃のようです。あの作品に心を奪われた人は是非聞いてみてください。

彼がグラミー賞を受賞することで、おそらくHIPHOP業界としても新しい世代の代表を得ることができる貴重な機会になると思います。今後も彼の作品には期待が集まるでしょう。

管理人が気になった3曲

①”All We Got”
このアルバム最初の曲。ゲストはカニエ・ウェストと彼の出身地であるシカゴの少年少女聖歌隊が参加しています。Chance the Rapper本人の力強いラップとソフルフルなコーラスが生み出している雰囲気がこのアルバムの期待値を大きくあげてきます。

②”Summer Friends”
エフェクトのかかったボーカルの後に、音の少なめのトラックが始まりChance the Rapperのラップが乗っかってきます。このエフェクトはおそらくオートチューンなのですが、なんとなくトークボックスのようなメロウな雰囲気も生み出しています。この手のトラックが好きな人はハマると思います。

③”Smoke Break”
リバースしているような雰囲気で始まるトラックがすげーおしゃれ。ゲストはフューチャー。またいい人をアサインしています。人が一度に受け取ることができるソウルフル値の3倍がこの曲から放たれています。聴いてるだけで涙がでてくる。

Y’S REVIEW

なぜCDがでない。絶対に買うのに。若干23歳でこのクオリティ。本当に驚かされます発表がされてしばらく経ちますが、まだまだ認知がされていません。今回のグラミー賞で日本にも広く知れ渡ることを期待しています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。

folder Gadget

本気のおすすめイヤホン「SHURE SE215」を買うべき3つの理由
iPhone7に使えるおすすめイヤホン・ヘッドホンベスト3!その①
more...