SUGOROKU LOG-Y'S MUSIC REVIEW-

SUGOROKU LOGは音楽,ガジェット,DJ機材を中心に管理人Y'Sが紹介していくBLOGです。

良い音の極み。A Tribe Called Quest(ATCQ)『The Love Movement』アルバムレビュー。

calendar

reload

良い音の極み。A Tribe Called Quest(ATCQ)『The Love Movement』アルバムレビュー。

KREVAも絶賛。良い音の極みを表現した作品。

いつもSUGOROKU LOGをご覧頂きありがとうございます。

管理人、Y’Sです。

今回はA Tribe Called Questの5枚目のアルバム『The Love Movement』を紹介したいと思います。

過去の作品のアルバムレビューはこちら。


・A Tribe Called Quest 「People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm 」アルバムレビュー

・A Tribe Called Quest アルバムレビュー「Low End Theory」

・聞くべき名盤 !A Tribe Called Quest「MIDNIGHT MARAUDERS」アルバムレビュー

・名作か迷作か。A Tribe Called Quest『Beats Rhymes & Life』をレビュー。

・A Tribe Called Quest新作レビュー「We Got It From Here… Thank You 4 Your Service」

スポンサーリンク

The Love Movement


このアルバムはA Tribe Called Quest5枚目のアルバムで1998年にリリースされました。当時はメンバーの不仲から最後のアルバムだと思われていたとか。

総合プロデュースは前回に引き続き、The Ummahが大鉈を振っています。今作についてもサンプリングをフル活用した今までの雰囲気は落ち着き、打ち込みの音が増えハイブリットな制作手法が目立つ作品となっています。

前作同様、今までのファンからすると少し機械的な音が増え違和感を感じたファンも多かったと思います。一方でセールスは順調で全米3位になるまでの売れ行き。The  Ummahの集大成ともいえる作品です。

管理人の個人的な感想ですと、攻めたフロア向けの曲は少なく全体的に落ち着いた曲が多いなぁというのが感想です。J dillaの曲自体が全体的にメロウな曲が多いのが特徴でもありますが、本作はそれにQ-TIPの色も入り、より落ち着いた雰囲気のものが多くなっています。

曲数もボーナストラック含んで22曲。とても多く聞き応えがあります。

近年再評価されているせいか、最近ですと日本ラッパーのKREVAがナタリーの特集で以下のように本作を取り上げています。

“いい音”の音楽5選……超難しかったですけど、こういうとき必ず挙げるのは、このアルバムですね。これはもう好きすぎて。リリースされたときはアナログで買って、それがよかったからCDでも買って、そのあともリマスター盤が出るたびに買ってる。このドラムサウンドにとにかくやられて。黙って音を聴いちゃう、そういうヒップホップだと思います。みんなでハイエースみたいな車に乗ってどこか地方に行くとき、車内で流すとみんな黙って聴いちゃうみたいな。サウンド的に一番影響を受けたのはこの作品かもしれない。

ATCQの再活動により、当時評価がされづらかった作品が再度評価され始め、注目が集まっています。 改めて聴いてみても新鮮な曲が多数収録されています。
そんな作品の曲の中で管理人が気になる作品を3曲紹介。

管理人の気になる3曲


Find A Way

この曲は本作の代表作。シングルカットもされました。当時Q-TIPと仲の良かったTei Towaの「Technova」の声ネタがサンプリングされています。最近?ですと本曲はMary J. Blige「Didn’t Mean」等のサンプリング・ソースになっています。皆この曲が好きなんですね。スムースで気持ちのいい曲です。

Steppin’ It Up

この曲も本作の人気曲。盟友Busta RhymesとRedmanが参加しています。Scenarioのような派手さはありませんが、4MCの掛け合いは聴いていて気持ちいです。

The Love

この曲のテーマである「Love」を歌い上げています。元ネタはFreddie Hubbard「Little Sunflower」(『The Love Connection』収録)を使用。J dillaのセンスによってこのトラックの品を高い次元まで昇華させています。

Y’S Review


ATCQ最後と言われたアルバム。ただ基本的にはThe Ummahがやりたかったことを具現化したアルバムに感じました。当時のQ-TIPとPhifeの不仲が原因でこのあとATCQは崩壊していくことを知っているので「The Last Movement」でもおかしくないアルバムかと・・・。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SUGOROKU LOG管理人

Y'S

Y'S

三十路の音楽好き。
たまにDJをやったりトラックメイキングをやっています。好きなジャンルはHIPHOP,R&BなどのBlackMusicが中心。邦楽、洋楽関係なく好きです。
音楽も映画も本も宝物。

folder Gadget

本気のおすすめイヤホン「SHURE SE215」を買うべき3つの理由
iPhone7に使えるおすすめイヤホン・ヘッドホンベスト3!その①
more...